Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

駿河漆器の写真撮りの盛りつけを担当しました

login

お知らせ

皿の上の夢 Moizumiの世界 Moizumiが料理人になり ものつくり(料理)は、 食べ手が食べた瞬間に美味しいと思う仕事をしなければ、 又見た瞬間に食べたいとも思っていただける仕事をしなければと言う思いを、 今日まで大切にしてて料理を作って来ました。 食べていただいた皆さんに喜んでいただけることがMoizumiの夢 皿の上の夢Moizumiの世界です
駿河漆器の写真撮りの盛りつけを担当しました

2012年11月上旬、静岡市産業振興協会による駿河漆器の、撮影用のお料理を担当する機会をいただきました

    

駿河漆器は静岡の伝統工芸ですが、跡継ぎや、需要減少問題など、大変厳しい現状にあることを、工芸師の皆さんより伺いました。盛りつけに持ち込まれた作品は、どれも力作ばかりで、料理人からすると一瞬で気の引き締まる思いを感じさせられました。色彩も従来の黒や赤だけでなく、青や、みどりなど多彩な色もありました。和食だけでなく、フレンチやイタリアンなどの盛りつけにも十分耐えられる事を確信しました。