Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

シェフの一人言

login

お知らせ

皿の上の夢 Moizumiの世界 Moizumiが料理人になり ものつくり(料理)は、 食べ手が食べた瞬間に美味しいと思う仕事をしなければ、 又見た瞬間に食べたいとも思っていただける仕事をしなければと言う思いを、 今日まで大切にしてて料理を作って来ました。 食べていただいた皆さんに喜んでいただけることがMoizumiの夢 皿の上の夢Moizumiの世界です

おせちづくりの様子をFacebookにて紹介しています。

仕込中の料理や、盛り付けまでの写真と一緒に、お料理が作られる過程をライブ感たっぷりのコメントと一緒にお届けいたします。


当店のおせちは、材料の自然な味を、シェフの味付けでお出しすることにこだわっています。そのため、おせちは28・29日・30日夜~31日の明け方にかけて調理し、31日にお客様にお渡ししています。

こうして作られたおせちには、お料理を冷蔵、冷凍保存していた期間がございません。Moizumiの店舗でオードブルを召し上がっていただく時のように、お客様に美味しさを届けたいと考え、調理~お渡しの日取りを決めました。


手間と時間をかけたMoizumiのおせちができるまで、ご覧になっていただければ幸いです。

当店では、獲れたその日の内に猟師さんに届けていただいているので、鹿肉は、皆さんが思っているほど、動物のにおいがなく、ロースやもも肉などはローストにすると大変美味しいですよ。

もちろん処理の方法によります。

脂身、コレステロールが少ないのでヘルシーです。
今年は、すでに猟季が終わっていますので、これからのものは、冷凍になると思います。
赤ワイン煮込は、とても美味しいと好評を頂いております。事前にご連絡を、、、。


ジビエ(鹿)は、今年も大勢の方の食べていただきました。

2012年11月上旬、静岡市産業振興協会による駿河漆器の、撮影用のお料理を担当する機会をいただきました

    

 

 

 

駿河漆器は静岡の伝統工芸ですが、跡継ぎや、需要減少問題など、大変厳しい現状にあることを、工芸師の皆さんより伺いました。盛りつけに持ち込まれた作品は、どれも力作ばかりで、料理人からすると一瞬で気の引き締まる思いを感じさせられました。色彩も従来の黒や赤だけでなく、青や、みどりなど多彩な色もありました。和食だけでなく、フレンチやイタリアンなどの盛りつけにも十分耐えられる事を確信しました。